ホスファチジルセリン 副作用

MENU

ホスファチジルセリンに副作用はあるの?注意すべき点とは?

副作用反応が起こったことがある方はどれくらいいるでしょうか。

 

薬を処方されるときは、副作用が起こったことはないかと聞かれることが多いですし、説明書にどんな作用が現れるかというのを書かれていることが多いですよね。

 

サプリなどにも「体質により合わないことがある」という旨の記載がありますよね。

 

副作用は個人の体質によるものが大きく、またその日の体調により反応が異なることだってあります。

 

食品から摂れるような成分に副作用とみられる反応が起こることはあるのでしょうか。

 

ホスファチジルセリンは食品からも摂ることのできる成分です。

 

そんなホスファチジルセリンには副作用はあるのでしょうか。

 

<ホスファチジルセリンの副作用とは?>
ホスファチジルセリンは食品からも摂取することのできる成分ですが、副作用はあるのでしょうか。

 

ホスファチジルセリンは脳への血流を改善し、脳細胞を活性化させる効果があります。

 

そのため記憶力や集中力、認知機能障害などにも効果を発揮すると言われています。

 

他にも気分の落ち込みや不眠、うつ病への改善にも効果が期待されています。

 

ホスファチジルセリンは子供でも摂取できる成分のため、子供が飲むサプリに配合されていることもあります。

 

また認知症の予防や改善にも効果があるとも言われています。

 

逆を言うと、ホスファチジルセリンが不足するとこれらの症状が現れやすくなるということでもありますね。

 

そんな大事なホスファチジルセリンは大豆に多く含まれ、肉や魚にも含まれています。

 

そのため毎日の食事からホスファチジルセリンを摂取することができるのですが、その量はわずかです。

 

食事からホスファチジルセリンの1日の摂取量を摂ろうとするととても大変なため、効率良く摂取するにはサプリが有効です。

 

サプリの場合は錠剤でサッと飲めるので手軽に摂取できますが、1日の摂取量を守らないと副作用反応が起こってしまうことがあります。

 

ホスファチジルセリンは1日の摂取量を守っていれば副作用が起こることはほとんどありませんが、過剰に摂取してしまうことで副作用が起こる可能性があるということです。

 

ホスファチジルセリンの1日の摂取量は100〜300rとされていますが、一般的な成人であれば300rが好ましいとされています。

 

個人の体質や体重により減少させることも好ましく、300rを超えて摂取しないようにしましょう。

 

1日の摂取量300rを超えて摂取をしてしまった場合、胃腸障害、睡眠障害が起こることもあるので、気になる症状が出た場合は摂取量を減らすか、使用を中止するようにしましょう。

 

<飲み合わせによる副作用>
ホスファチジルセリンは摂取量を守っていれば副作用は起こりにくいとされる成分です。

 

ホスファチジルセリンは神経伝達物質の分泌を高める作用があるため、飲み合わせに注意が必要な薬やサプリメントがあります。

 

神経伝達物質に影響を与えるサプリや薬との併用には注意が必要で、抗コリン剤や抗コリンエステラーゼをホスファチジルセリンと同時に服用すると薬の効果に影響を与える可能性があります。

 

薬を飲んでいる方や複数のサプリを摂取している方などは、念のためホスファチジルセリンのサプリを摂取する前に医師に確認をとることをおすすめします。

 

<ホスファチジルセリンに副作用はあるの?注意すべき点とは?:まとめ>
ホスファチジルセリンは食品にも含まれている成分であり、サプリで摂取することもできる成分です。

 

食品に含まれている成分なので気になる副作用はほとんどありません。

 

ホスファチジルセリンを摂取する際の注意点は過剰に摂取をしないことです。

 

1日の摂取量を超えて摂取した場合に、副作用とみられる反応が起こってしまう可能性があるのです。

 

ホスファチジルセリンに限ったことではありませんが、決められた用法・容量はきちんと守って安全に摂取するようにしましょう。